トップ

妊活中のストレスについて

妊活中のストレスによる影響

妊活にストレスは厳禁である

「神様からの授かりもの」と言われる赤ちゃん。
頭では分かってはいても、「赤ちゃんは?」「オメデタの予定はないの?」などと聞かれることが多くなると、焦りを感じる人も少なくありません。女性の社会進出が当たり前になった現代では、妊娠も受け身ではなく、自ら計画的に子どもを作る「妊活」というカタチが浸透してきています。そんな>妊活中の女性の為の情報サイトならこちらです。

妊活中にストレスを感じる女性の割合は、なんと86.1%。年齢のこと、体質のこと、生理の周期、夫婦関係、周囲の人からの言葉などが原因でストレスが生じると言われています。
思い返してみると、強い緊張を伴う出来事や旅行などの非日常的なイベントがあった場合など、生理の周期が乱れてしまうことがありますよね。

これと同じようにストレスが原因でホルモンバランスが崩れ、排卵機能や生理に悪影響を与えてしまうのです。これは決して女性の側だけに当てはまることではなく、男性もストレスが原因で不妊に繋がる可能性があります。その背景には晩婚化が進んでいることも挙げられますが、年齢に関係なく不規則な生活や栄養バランスの悪い食事、そしてストレスや疲労が男性不妊の原因になっているとも言われています。

妊娠するために欠かせないのが、女性ホルモン「エストロゲン」。エストロゲンは卵胞の成長を促し、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くするといった働きをします。このエストロゲンの分泌が最も活発になるのが30歳前後。それを過ぎると卵子の老化が始まるので、卵子の損傷や染色体異常といった可能性が徐々に高くなり、妊娠・出産に至らないケースが増えてしまうのです。

年齢的なものもありますがストレスや疲れ、睡眠不足などもエストロゲン低下の原因になります。思い当たるストレスは出来るだけ遠ざけ、ゆったりと落ち着いた気分で過ごすことが妊活の基本と言ってもいいでしょう。

Copyright © 妊活中のストレスによる影響. All rights reserved.